テレマーケティング

テレマーケティング

初めてテレマーケティングをご利用される方へ

テレマーケティングは潜在顧客を発見し、顧客に育てるプロセス営業です。
 テレマーケティングを初めてご利用される方、もしくは一度、コールセンターにご依頼されて効果が出ないまま、テレマーケティングを過去に中断された方も含めて、テレマーケティングとは、そもそもどういう作業をし、どういうメリットをもたらすかをご紹介します。
 テレマーケティングの始まりは、広大な土地を持つアメリカを中心に発展してきた、今でも定番のマーケティング手法です。日本は狭い国土の中、「営業」といえば殆どが「ルート営業」を行っています。テレマーケティングは、効率的な営業プロセスの一部分であり、訴求する商材に興味がある、もしくは購入の意思や計画がある人を、任意で抽出したターゲットリストの中から、より購入意識の高いお客様、もしくは将来的に購入する確率の高い方を探し出し、営業に生かしていく為のリード獲得作業のアウトソーシングです。

 多くの外資系企業は、独自のカスタマープロファイリングやターゲッティングを経て、購入対象者となりうる市場をテレマーケティングで「面で攻める」徹底的な営業攻勢をかけて「もの」にしていきます。
 テレマーケティングは、BtoB企業のように、国内パイを争う商材やサービスには非常に適しています。よりスピーディに、より効率的に、より営業コストの無駄を省き、急成長を助ける営業活動を実践するのに適した手法がテレマーケティングです。

図

テレマーケティング導入のステップ

テレマーケティング成功要因の最も重要なファクターは企業リストです。
■対象企業を絞る
 テレマーケティングの成功要因を左右する重要なファクターのひとつに、企業リストがあります。商品購入層を限定しすぎてもいけませんが、全くかけ離れた企業を含んでしまうのはNGです。電話帳とかではなく、適正な企業情報会社からリストを購入することを推奨します。
■業務の設計をする
 「どこの」「誰に」「何を」「どのように」訴求していくか、プロジェクトの全体と着地ゴールを決めます。
 たとえばダイレクトメールは出すほうが効果的か、出すとすれば「先に送ってからアクション」するか、「アクションしてから、興味のある人だけに資料を渡すか」、営業コストを無尽蔵に使えるわけではないので、プロジェクトの効果を引き出しつつ、コストをかけない方法を考えます。
  業界、企業規模、商品属性で、DMを組み合わせる方がいい場合もありますし、電話だけで充分同等の成果を出せるものもあります。それとWebのランディングページはどうするか、電話後のユーザーリアクションの受け皿の準備が万全かを確認し、アポイントへ繋げる業務フローと営業ツールの見直しおよび新規作成の必要がある場合は、テレマーケティングの実施前にWebページの作成、ダイレクトメールの作成、営業ツールの作成支援まで一括して当社が行います。
■電話作業の実施
 電話オペレーターは男性、女性を使い分け、プロジェクトに合う人材で実施していきます。進捗報告は、毎日、アポイント情報を付加したEXCELデータでメールにて送付いたします。(契約によって、進捗報告の頻度、方法は変わります)リアルタイムに近い、テレマーケティングの進行状況を発注者側が把握しながら、プロジェクトを進めることができますので安心です。
 また、必要に応じて営業トークをブラッシュアップし、常に成果向上を図れる営業力が他社では真似のできない差別化された当社の組織体制です。 当社の強みです。
■業務レポート・分析・次の戦略への提案
 業務終了後には集計レポートを提出いたします。テレマーケティング作業から分析できる購買の傾向、お客様の評価ポイントの箇所、お客様のニーズを分析し、レポート作成を行います。集計・分析から次に行う戦術をアドバイスさせていただきます。

図

テレマーケティングは特別な営業スタイルと思っていませんか?

 市場を「面」で攻めるのがセールステレマーケティング
 セミナーに来られた方への面談設定、新商品案内のアポイントなど営業を行うシーンは様々ですが、何らかの取引や商談をしたい場合に、アポイントメントを取って、相手先に訪問することは当たり前のことです。飛び込み営業、広告、ダイレクトメールではできない、双方向の情報収集を広い範囲で行うことができます。営業拠点がなく、手薄な地域に集中して効率のいいアポイントをとる場合にはテレマーケティングは最良です。
  営業に従事している人でも電話を苦手とする人は多くいます。当社はBtoBが業務の9割を占め、専門的なノウハウの蓄積がありますので、当社を利用されるお客様の殆どは自社の営業マンより高いアポイント率に驚かれます。

セールスだけがテレマーケティングではありません

 リサーチ、一斉告知、通販、問い合わせ窓口などもテレマーケティングです
  テレマーケティングは大きく分けて、「発信」と「受信」がありますが、「電話発信」の全てをセールス系と想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、実情は業界にむけた市場調査、リサーチ、告知系も多く行っています。
 たとえば、調査系の場合、特定の機械・機器の導入状況を担当者に電話でヒアリングしたり、購入満足度調査なども電話で評価、不満点を聞くことができます。告知系は、何らかの重要連絡が生じた場合、書面、メール、webでも相手に告知連絡しますが、重要連絡の際には、プラス直接相手に連絡し、「連絡済」のパーミッションを獲得することも会社として必要な場合があります。限られた期間で告知連絡が必要な場合にご利用いただいています。
 テレマーケティングは業界を問わず、多くの企業様にご利用頂いている実は身近なサービスです。